2009年02月09日

トラックバックサイトの存在発見!

トラックバックについて検索してさらに情報追加です。
トラックバックを積極敵に受け入れるトラックバックのポータルサイトが多数存在することが分かりました。
そこでトラックバックサイトにあるURLに送信してどのような結果になるかを実験してみました。

<結果>
trackback.jpg
早送信数 70
成功   24
失敗   15
不明   31
成功率  34%

トラックバックサイトでも、失敗とか不明が多いのですが、トラックバックサイトをスパムとならずに確実に増やすという意味ではとても重宝するサイトだと思います。

この操作でアクセスがどのようになるのか次回は結果をお伝えします。
posted by Sunzo at 09:37| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やはり情報取得が最も重要です

まずは検索エンジンの一発登録での結果を報告させていただきます。
2/7 アクセス総数 274件
前日が80位でしたから大幅アップです。
ただ、その次の日にブログの操作を一切しなかったらなんと8件にまで減っていました。登録エンジンへの登録は効果がないのかな。
ちなみに、googleで「働かないで年収5160万円を稼ぐ方法」で検索した結果67番目で検索されました。seesaaブログの順位も15万番台から1万番台へ変化しておりました。ちょっとした操作で大きな成果が上がることは分かりました。

このブログで商品を販売するには今以上のアクセスアップを図らなければいけません。一日10,000件を目標にしたいと思います。ただ、なかなか効果的で具体的な行動内容がつかめません。

そこで「トラックバック」という言葉にとてもひっかかりを感じたので色々と調べてみました。トラックバックとは、簡単に言えば、あなたのブログの記事を参考にして私のブログに記事を書きましたよというリンクのようなものを相手先ブログ記事の下のトラックバックという場所へ残すことができる仕組みのことです。そうすることで、例えば、相手方のブログのアクセス数が多い場合、アクセス数の少ない自分のところへのアクセスが増える可能性が大きくなるのです。昔は相互リンク希望のメールでも送信しない限り、自分のサイトから相手先へのリンクは勝手に張れても、相手先からのリンクは期待できなかったのですが、ブログではこのような仕組みが出来上がっています。MT(MovableType)の開発者が実装したのが始まりのようです。WEB2.0創成期の技術とも言えるようなものなのでしょう(恐らく)。

記事自体がとても面白く、口コミで爆発的にアクセスを伸ばすブロガーも確かに存在しますが、それ程でもないブログでも、アフィリエイトに限らず、自分のブログへのアクセスを増やす為にトラックバックの有効性に気づき、行動した人たちが大きな果実を手にしたと想像できます。恐らくそうなのではないか。情報商材の中身にも大きく取り上げられているのではないか。そう思えてなりません。

そこでトラックバックが実際にどれくらい効果があるかやってみることにしました。適当な文字で検索をかけ、検索上位のブログへトラックバックを送ってみるとどうなるかを実験です。

まず、このブログのきっかけともなった川島さんのブログの記事へトラックバックを送ってみます。するとトラックバックの履歴には「不明」の文字が。川島さんの違うドメインの記事へもトラックバックしてみますが、いつになっても成功しません。

川島さんのブログ以外でもトライしてみますが、いつになっても「成功」の文字はでてきません。ライブドア、FC2、アメーバ、どれもだめみたいです。何かやり方が悪いのか。そこでseesaaに絞って検索しトラックバックを送ることにしました。すると初めて「成功」の文字が。今日はもう遅いので、上位検索10までのうちのseesaaブログへトラックバックを送信してアクセスがどのように変化するか見てみたいと思います。ではまた明日。
posted by Sunzo at 02:17| 🌁| Comment(1) | TrackBack(0) | トラックバック | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。